fbpx

「保護されてない通信」の影響と今すぐSSL化する方法

ウェブサイト制作

結論から言うと「保護されてない通信」(非SSL)になっていると、ウェブサイトとしての評価が低く、検索などでも順位が下がってしまいます。

「安全な通信」にするのは難しくないのでこの記事の手順通りに、SSL化をしてくださいね。

非SSLのgoogle chromeのブラウザ

SSLクローム

非SSLのFirefoxのブラウザ

SSLFirefox

あなたのウェブサイトは「保護されてない通信」になってないでしょうか?

「保護されてない通信」を暗号化するSSLとは?

SSLはインターネット通信の暗号化

インターネット通信の暗号化と言うと想像がつかないと思いますが、SSLで保護されていない通信ですと、ウェブサイトへアクセスしたユーザーの問い合わせ内容ややショッピングでクレジットカードの情報を送信した場合に、その中身を盗み取られてしまいます。

そのような脆弱な部分を補うのが、通信を暗号化するSSLなのです。

SSL化されているサイトは、https〜と言うようにsが付いています。

SSL化されてないサイトの危険性

SSL化してないと盗まれる

送信した情報を盗み取られます。

クレジットカード情報の場合ですと、不正利用をされてしまいますし、お問い合わせな場合は、個人情報を取られて悪用されてしまいます。そのようなサイトは危険でユーザーは訪れたいとは思わないはずです。

また、ウェブサイトの内容を改ざんされてしまう危険もあります。口座番号を書き換えて悪意のあるユーザーの口座に入金されてしまうなんてことも…。

このように、お金の損失や信頼を失くすような重大な危険性が非SSLのウェブサイトにはあるのです。

検索結果への影響

GoogleがセキュリティはGoogleの最優先事項だと公言しているように、検索の順位に影響することは確かです。
https://webmaster-ja.googleblog.com/2014/08/https-as-ranking-signal.html

http(非SSL)のサイトが、https(SSL)になることで確かに順位や検索結果が不安定になることがありますが、Googleが公言している以上、SSL化をせざる終えません。

「保護されてない通信」を今すぐSSL化する方法

SSLはサーバーから申し込み&設定が可能です。

【エックスサーバー】無料でSSL化する方法

【さくらインターネット】SSL化する方法

①【有料】SSLの利用

一番安いもので972円/年です。SSL一覧(さくらインターネット公式)
SSL導入手順はこちらから 導入手順(さくらインターネット公式)

②【無料】SSL Let’s Encryptの利用

ボタンワンクリックで設定できる無料のSSLです。信頼性も高いので安心して使用できます。
Let’s Encryptとは?(さくらインターネット公式)

大規模なサイトは有料の方がいいかもしれません。

SSL化した後の表示はこちらです↓

SSL化

お疲れ様でした。これで安心安全なウェブサイトになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました